OPC UAサービスのご紹介

OPC UAの開発の初期では仕様書を読みながらOPC UA Severを開発をするのは大変です。外国製のSDKからEmpress iDataのSDKに買い換えている方が大勢いらっしゃいます。外国製のSDKがわるいわけでありません。一番の理由はEmpressのサービスを受けるためです。外国製のSDKにはEmpressが提供するサービスはありありません。

Empressのサービスは2つに分かれ、完全にモデル化されています。最初のサービスはコンサルティングです。コンサルティングのサービス範囲はプロトタイプのServerが立ち上がるまでです。

コンサルティングの終了時にプロトタイプのServerが立ち上がります。プロトタイプのServerのAddressSpaceはClientからすべてのNodeが確認できます。しかし、Nodeの値は"Null"もしくは"0"になっています。"Null"もしくは"0"の値に対しFA機器から取得したデータを登録するプログラムを作成します。ここからはコンサルティングではなく技術サポートサービスの提供になります。

プログラムが完成すると検証が始まります。検証に対してもEmpressの技術サポートは継続されます。Clientの検証ツールの使用方法、Method、Eventの確認方法のサポート、CTT(OPC UAのCompliance Test Tool)の使用方法のサポート、 OPC foundationの認証取得のサポートなどを提供し、これらが完成するとプロダクトの開発が終了します。