OPC UA for Machinery

VDMAは業界ごとに作成されていたCSを統合させた”OPC UA for Machinery”という新しい情報レイヤーを作成中です。OPC UA Machineryが導入されると取出しRobot(EUROMAP 79)とプラスチック成型機(EUROMAP 77)という統合しずらいCSの差が吸収されます。FA機器を直接OPC UAからつなげることもOPC UAの拡張モデルであるOPC UA DIからつなげることも可能です。OPC UA for Machineryを使用することでCSが確定されていない業種でもOPC UAに準拠した独自モデリングの構築が可能になります。

EmpressはOPC UA for Machineryの概要を学ぶためのセミナーを開設します。興味のある方はEmpressにコンタクトして下さい。

OPC UA for Machineryの概要

VDMAは細分化されてた業界ごとに作成されていたCSをVDMA内で統合させた”OPC UA for Machinery”という共通レイヤーで使用される情報モデルを作成中です。 OPC UA for Machineryが導入されると取出しRobot(EUROMAP79)とIMM(EUROMAP77)という本来は統合しずらいCSの差が吸収されます。



OPC UA for Machineryの適応する分野

OPC UA fornMachineryの適応する分野する分野は以下の通りです。

食品加工および包装機械
RoboticsとAutomation
プラスチックおよびゴム機械
鋳造機械、炉、冶金プラント
産業用トラック、クレーン
農業機械
空調
建設機器およびプラント
金型
リフトおよびエスカレーター
電力システム
印刷および製紙技術
ポンプおよびシステム
表面技術
繊維機械
棄物処理
繊維機械
洗浄システム
乾燥技術
木工機械

OPC UA for Machineryが提供する機能

OPC UA for MachineryはさまざまなユースケースのBuildingBlockを提供します。 BuildingBlockはシステムをいくつかの構成要素に分解し、必要となる構成要素を積み重ねることで全体的なシステム構築、増設を行う方式を言います。情報モデルは特定のBuildingBlockを選択し使用することが可能です。

HasAddin Referenceを使用することでベンダーはBuildingBlockを簡単に使用できます。図の右側のObjectType(BuildingBlock1Type)はBuildingBlockの機能を指定するBrowseName(BB1)が含まれます。 左側はBuildingBlockの 使用例が示されています。 BB1はFeatureというMethodを使用するためのBB1というBuildingBlockです。他のBuildingBlockも同様に使用できます。