Robotics

OPC UA for Roboticsはロボット用の情報モデルです。Part1のみがリリースされています。CSの最上位のObjectTypeはMotionDeviceSystemTypeです。MotionDevices、Controllers、SafetyStateが定義されています。

EmpressはOPC UA for Roboticsの概要を学ぶためのセミナーを開設します。興味のある方はEmpressにコンタクトして下さい。

OPC UA for Roboticsの概要

RoboticsのCSでは下記について解説されます。
–産業用ロボット
–移動ロボット
–制御ユニット
–独自のOPC UAサーバーを持たない周辺機器

パート1は資産管理と状態監視について説明され、以下の機能がカバーされています。
–実行中のモーションデバイスシステムとそのコンポーネントのアセット構成とランタイムデータの提供

以下の機能は含まれていません。将来、定義される可能性があります。
–イベントとアラームでカバーされるメッセージングメカニズム
–StateMachine
–オペレーターが顧客の仕様を保管する機能

OPC UA for Roboticsのユースケース

パート1では、モーションデバイスシステムの資産管理および状態監視データへのアクセスを提供するインターフェースについて説明します。 提供されたデータに基づいて、次のユースケースがサポートされています。

Supervision
 ロボットシステムを監視機能の提供
 ロボットシステムの機能分析の提供
 操作および安全状態に関するデータとプロセスデータの提供

Condition monitoring
 稼働中の機械の状態を判断して、発生中の障害を示す重大な変化を特定するプロセス
 必要な一般的なパラメーターはロボット工学の関連仕様によって提供します。

Asset management
主要な電気および機械部品の詳細情報を提供します。技術者はどの部品が交換が必要であり、準備できるかを事前に知っているためこれらのデータを使用して効果的な保守が可能です。

OPC UA for RoboticsのOverview

パート1の主なObjectTypeは下記の通りです。
・MotionDeviceSystemType
・MotionDeviceType
・SafetyStateType
  ・ContollerType
Overviewは下記の通りでMotionDeviceSystemTypeがエントリーポイントになります。