Vision

OPC UA VisionはMachine Vision Systemの情報モデルです。OPC UA VisionはControl、 Configuration Management、Recipe Management, Result Managementが定義されています。CSにはObjectType、Refernce、DataType、Event、Methodが含まれます。FSM(Finite State Machine)のSubTypeとしてVisionStateMachineType Statesも定義され、Transtionsも含まれます。

EmpressはOPC UA Visionの概要を学ぶための無料セミナーを開設します。興味のある方はEmpressにコンタクトして下さい。

OPC UA Visionのユースケース

ビジョンシステムはOPC UA Serverの役割を果たします。ビジョンシステムの状態はOPC UA Serverを介して公開されます。ClientシステムはOPC UAを介してビジョンシステムを制御できます。 ビジョンシステムは評価結果やエラー状態などの重要なイベントをサブスクライブしたClientに自動的に報告するのと同時にClientはいつでもビジョンシステムからデータを照会できます。

ステートマシンモデルはマシンビジョンシステムの抽象化であり、マシンビジョンシステムの可能な動作状態を状態モデルにマッピングします。Clientシステムとビジョンシステムの相互作用はモデルの現在の状態と、基盤となるビジョンシステムの状態とその機能によって異なります。状態遷移はClientシステムからのMethod呼び出しによって開始されるか、内部または外部のイベントによってトリガーされます。

マシンビジョンタスクを説明するプロパティ、手順、およびパラメータはレシピに保存されます。ビジョンシステムには複数の使用可能なレシピがあります。OPC UA Visionはレシピをアクティブ化、ロード、および保存するためのMethodを提供します。レシピはバイナリオブジェクトとして処理されます。

画像処理の結果はClientシステムに非同期で送信されます。この送信は製品の割り当て、時間、およびステータスに関する情報が含まれます。

エラー通知とインタラクティブなエラー管理のためのインターフェースがあります。

OPC UA Visionのユースケース

VisionSystemTypeが最上位のObjectTypeです。VisionSystemTypeの構成要素はツリー状に下につながります。VisionSystemTypeの親はBaseObjectTypeです。BaseObjectTypeは具体的なTypeDefinitionがないObjectがある場合のTypeDefinitionとして使用されます。