Weighing Technology

OPC UA for Weighing Technologyははかり、Scaleの情報モデルのです。Weighing Technologyでは多くの種類のはかりが定義されています。はかりは1つ以上の計量モジュール(荷重受容器、荷重伝達デバイス、ロードセル、データ処理デバイスを含む)で構成され、プリンタやフィーダシステムなどのサブデバイスを含みます。FeederModuleType、PrinterModuleType、ScaleSystemType、ScaleDeviceTypeなどが定義されています。Refernce、DataType、Event、Methodが含まれます。FSM(Finite State Machine)はPackMLの仕様が代用されます。

EmpressはOPC UA for Weighing Technologyの概要を学ぶための無料セミナーを開設します。興味のある方はEmpressにコンタクトして下さい。

Weighing Technologyのユースケース

すべてのユースケースでScale SystemはOPC UA Serverの役割を果たします。 OPC UA Clientがデータを読み書きし、OPCを介してScale Systemを制御する方法が定義されています。Scale SystemのユースケースではScaleを制御できる別のインターフェース(HMIなど)がある場合が想定されています。いくつか周辺機器(プリンタ、フィーダなど)もこのCSで説明されていますが、周辺機器とScale System間の通信に関してはこのCSの範囲外です。法的要件の影響を受ける(公式の検証など)外部データには追加のパラメータが必要になる場合があります。

測定結果は重量から得られた単位(例:流量、体積など)の重量値です。測定値の連続表示(Current Weightと呼ばれます)と内部及び外部に登録されている測定値(Registered Weightと呼ばれます)はCSでは区別されます。測定値の登録はOPC UA Clientからトリガーできます。ユースケースは結果を特定するために必要なメタデータ(製品ID、ユニットなど)が含まれます。ユースケースは複数の測定値または一定期間にわたる統計(平均値、標準偏差)が必要になる場合があります。

State Machineは異なるメーカーの様々なデバイスに対し統一された概要(Overview)を提供します。 State Machineの2つのStateの遷移はOPC UA ClientのMethodで呼び出され、別のインターフェイスもしくはまたはシステム内部でトリガーされます。Stateが推移するたびにOPC UA SeverはEventを発行します。PackMLの計量ですでにState Machineが使用されているためWeightingでもPackMLのState Machine推移が使用されます。 State Machineの詳細はPackMLを参照してください。

上位システムからのScale Systemのアクセスに関しては管理の一部としてCS内で定義されています。 このCSではScale及びScale Systemで製品を作成、編集、および選択する方法を提供します。OPC UAを介した情報の伝達は異なるインターフェースを介して実行することが可能です。

Weighing Technologyの概要

ScaleはScaleTypeをBaseとして階層的に下記の通りに分類されてます。