IoT Data Connector

Empress IoT Data ConnectorはFA分野に特化したデバイスゲートウェイです。工場内の様々なデバイスから収集したデータとエンタープライズ用データベースをセキュアに、トレーサビリティを保証した双方向のデータ連携を簡単に、安価に実現するために設計されています。

Empress IoT Data Connectorの機能

Empress IoT Data Connectorは下記のような機能があります。

1.PLCとの直結機能
三菱電機、横河電機、シーメンス、ロックウェル、キーエンス、オムロンなどのPLCとTCP/IPもしくはModbus-RTUでIoT Data Connectorと直結し、IoT Data Connector内のEmpress暗号化組込みデータベースにデータを登録することを可能とします。
2.複数のPLCベンダーが混在する環境でデータ収集が可能
複数のPLCベンダーが混在する工場LANでもデータの収集が可能です。たとえばPLC以外の他の工作機、成形機などのデータを収集したい場合、EmpressはData Collect API(汎用のデータ登録用のAPI)を提供します。Empress Data Collect APIは、C (ODBC標準)、C#(ADO標準)、.NET(.NET Provider標準)、JAVA (JDBC標準)をサポートしています。マイコンに対応する場合はご相談下さい。
3.データセキュリティ
(1)IoT Data Connector内の保存されているデータはAES256ビットで暗号化されていますのでデバイスのルート権限が取られでも、IoT Data Connector内のデータ漏えいは発生しません。
(2)上位連携(クラウドを含む)の通信はSSL/TLS 1.2で暗号化されています。
(3)暗号化鍵はリモートサーバ(クラウド)から提供されデバイス内に暗号化鍵は保存しません。
4.データトレーサビリティ
(1)断線・断電があってもデータのトレーサビリティを保証します。
(2)トランザクション処理をしていますのでデバイスとクラウドのデータベース間にデータの欠損、重複が発生しないことを保証します。
5.オープンプラットフォーム設計
IoT Data Connectorはオープンプラットフォーム設計です。OPC UA、MTConnect、Modbus-RTU、ODBC/JDBC、REST APIなどプロトコルをサポートします。また、ユーザのアプリケーションを搭載することも可能ですのでエッジコンピュータとしても十分に機能します。
6.デバイスの死活監視、ロック、ファムウェア更新機能搭載
IoT Data ConnectorにEmpress IoT Data Questの機能を搭載することが可能です。接続されるデバイスの死活監視、ロック、ファムウェア更新などの機能を搭載することが可能です。
7.上位データベースとの連携機能
IoT Data Connectorに搭載されるM2Mレプリケーション機能はIoT Data Connectorと上位データベースをプログラムなしで、設定ファイルを作成するだけで双方向のデータ連携を可能とするデータベースエンジンの差分更新機能です。Oracle, SQL Database, DB2, MySQL, PostgreSQL, Hadoop, NoSQLなどをサポートします。

IoT Data Connectorの特長

PLCをTCP/IP及びModbus-RTUで直結しデータを収集する機能
複数のPLCベンダが混在する環境でデータを収集する機能
データと通信のセキュリティ機能の提供
データのトレーサビリティ機能の提供
リモート認証によるなりすまし防止機能
オープンプラットフォーム(OPC UA、MTConnect、Modbus-RTU、ODBC/JDBC、REST APIなど)
デバイスの監視機能
上位データベースとの連携機能