IoT Hub サービスと認証サービス

Microsoft AzureのIoT Hubはデバイス間の通信のセキュリティとデバイスリモート監視機能を提供するため多くのSIerが使用したいツールです。しかし、IoT Hubを簡単に使用するにはいくつかのバックオフィスサービスを事前に準備しなければなりません。Azureは現在それらのバックサービスを提供していません。Empress IoT Hubサービスと認証サービスはAzureのIoT Hubをセキュアに簡単に使用するためのバックオフィスサービスを提供します。


Azure IoT Hubの問題点

 
IoT Hubを使用する場合、出荷前に個々のデバイスに、個々の接続文字列をデプロイしなければなりません。このため出荷台数分のアプリをビルドすることが必要になります。
Azure IoT HubはデバイスのID、接続文字列の登録に対してWeb画面で個々に登録する以外、APIのみ提供しています。接続文字列を自動登録するソリューションは現在提供されていません。
IoT Hubを使用するユーザは接続文字列を自動登録するサービスを自社で開発しなければなりません。

IoT Hub サービスと認証サービスの仕組み

Empress IoT Hub サービスはMicrosoft AzureのIoT Hubへのデバイスを自動登録する機能を提供します。


   
手順 説明
管理者がIoT HubとEmpress認証サービスの関連付けをします。
IoT Data ConnectorがEmpress認証サーバの認証を受けます。
Empress認証サーバがAPIによりAzure IoT Hubへデバイスを登録すると同時にIoT Hubから接続文字列を取得します。
IoT Hubからすでに取得した接続文字列でIoT Data Connectorが認証されSQL Databaseとデータ連携が可能になります。

IoT Hubサービス・認証サービスの特長

リモートセキュリティ認証機能
デバイスのなりすまし防止機能
デバイスリモート遠隔死活監視、サービス停止機能
IoT HubサービスからAzure IoT HubへAPIを用いてデバイス IDの登録機能
IoT HubサービスからAzure IoT HubへAPIを用いて接続文字列の自動登録機能
AzureのIoT Hubの接続文字列をで管理する機能