リファレンス

ReferenceはAttributeと同様にNodeの構成要素です。ただし、Attributeと異なりReferenceType NodeのインスタンスとしてAddressSpaceに公開されます。階層構造をしています。AttributeはOPC UAの規定により限定された記述内容に使用が限定されますが、Referenceは階層構造を遵守するれば自由に拡張できます。

HierarchicalReferenceとNonHierarchical ReferenceTypeはAbstruct(抽象) ReferenceTypeでインスタンス化しません。サブタイプのみがインスタンス化します。すべてのReferenceTypeはHierarchicalReferenceとNonHierarchical ReferenceTypeのサブタイプとして階層構造されます。

HierarchicalReference

HierarchicalReferencesはAbstract(抽象)ReferenceTypeです。HierarchicalReferencesのSubTypeは階層をまたがることを意味します。つまり、サブタイプのReferenceTypeを持つことが可能です。

NonHierarchicalReference

NonHierarchicalReferencesはAbstract(抽象)ReferenceTypeです。NonHierarchicalReferencesのは階層をまたがらないことを意味します。 つまり、サブタイプのReferenceTypeを持てません。

GeneratesEvent

GeneratesEventは具体的なReferenceTypeです。Object、View以外のVariable、Methodから生成できるEventを示します。Source NodeはObject、Variable、Methodである必要があります。MethodはAuditSecurityEventTypeへのReferenceを設定し、Methodが呼び出されたときにAuditSecurityEventを生成する可能性があることを意味します。

HasComponent

HasComponentは具体的なReferenceTypeです。Aggregates ReferenceTypeのサブタイプです。Method、DataVaribale、Objectを関連付けするために使用されます。

HasTypeDefinition

HasTypeDefinitionは具体的なReferenceTypeです。ObjectまたはVariableをObjectTypeまたはVariableTypeにバインドします。このReferenceのSourceNodeはObjectまたはVariableでなければなりません。SourceNodeがObjectの場合、TargetNodeはObjectTypeでSource NodeがVariableの場合、TargetNodeはVariableTypeでなければなりません。

HasProperty

HasPropertyは具体的なReferenceTypeです。Aggregates ReferenceTypeのサブタイプです。固定値を示すために使用されます。このReferenceTypeのSourceNodeは任意のNodeClassですがTargetNodeはVariablesでなければなりません。HasPropertyを使用しVariableはProperty(固定値)を定義します。

HasSubtype

HasSubtypeは具体的なReferenceTypeです。HasChild ReferenceTypeのサブタイプです。継承の概念を表します。SourceNodeはObjectType、VariableType、DataType、ReferenceTypeです。TargetNodeはSourceNodeと同じNodeClassでなければなりません。

Organizes

Organizesは具体的なReferenceです。HierarchicalReferencesのサブタイプです。AddressSpaceでNodeを整理するために使用されます。複数の階層にまたがって使用できます。SourceNodeはObjectまたはViewでなければなりません。 Objectの場合、ObjectType 及びFolderTypeまたはそのいずれかのObjectである必要があります。