M2Mレプリケーション

デバイス内のEmpress組込みデータベースに登録されたデータを基幹サーバやクラウド上のデータベースにM2Mレプリケーションするソリューションです。デバイスとクラウドのデータベース直結することでデータの同期とデータの整合性を保証します。

Empress M2M レプリケーションは北米ではETC、POS、保守、スマートグリッドなどで採用実績があり、デバイス内に保全されたデータをデータセンタもしくはクラウド上のデータベースへデータ連携しています。データ連携でボード、デバイスのリソースが少ない場合はEmpress組込みデータベースを採用せずにデータコレクトAPIを使用することも可能です。

Empress M2M レプリケーションの特長

高速組込みデータベース(データの処理、登録、検索、更新、同期の高速性)
ANSI SQL92、ODBC、JDBCサポート
断電、故障に強く、断片化抑止機能を提供
M:Nの(複数Master、複数Slave)レプリケーション(Failover付きHA)
サブセットレプリケーションをサポート(テーブル単位、Where文単位)
暗号化セキュアデータベースとSSL通信による完全安心対応
クラウド側のOracle、Empress、SQL Server、MySQL、PostgreSQLに対応
Hadoopにも対応可能