OPC UA ServerとClient

OPC UAではデータが蓄えられ、公開する側をServerといいます。Severはネットワーク上でIPアドレス、サーバ名で一意化され、Endpointと呼びます。ClientがServerにアクセスする場合は"opc.tcp://192.168.0.1:4840"というような形式でEndpointUrlを指定します。 Serverはカレントデータ(最新データ)だけを保存するメモリー上の大きな構造体を持ち、これをAddressSpaceといいます。ヒストリカルデータはAddressSpaceではなくServerのコンフィグファイルで指定されたデータベース、ファイルシステム、他のメモリー領域に保存されます。1つのOPC UA Serverは1つのAddressSpaceしか持てないため、AddressSpaceはNamespaceで区別されます。NamespaceはCompanion Information Modelの仕様書でどのNamespaceIndex番号を使うか指定されています。

データを操作する側をClientといいます。ServerはAddressSpaceという実体がありますが、Clientは基本的にはライブラリィです。Clientアプリケーションを作成する部品として使用されます。GUIを搭載したClientもありますが、これらはあくまでも開発者用のデバックツールです。

OPC UA通信ではServerは値だけをClientに提供するのではなく、値と構造体情報を同時に提供します。Clientは構造体情報をデコードし、値を読み取ります。Clientを軽く考える傾向がありますが、ClientもServerと同様、もしくはそれ以上に複雑な機能を提供するため選定には十分配慮してください。

中継機はServerとClientを搭載しレイヤー間、例えばFA機器とMESの間のデータを連携の役割を担います。